季節はずれの…

明日、実家からボクの父上と母上が、遊びにくるという^^;

なんで、ドキドキするんだろうw

いくつになっても、お二人の前にいくとなんか怒られるんじゃあ!!、

って、脅迫観念があるのですw

とりあえず、我が家は大掃除の真っ最中(笑

でも、ボクはネットサーフィンに、ブログ更新!

お!、たった今、階段の電球替えろ!という指示がありましたw

ちょと中断…

終わりました。

が、ものすごい視線を感じます^^…

結婚して、およそ20年、最近では奥様の実家がとても居心地いいです。

あれ食べたい、これ飲みたいとかいうと、すぐ出してくれるしw

ビールも、たくさん飲ませてくれるしw

ますおさんって、いいよねえ^^;、なんてちょっと思ったりして、、

え?、はいはい、直ぐにいきまさすから、

では、今日は、このへんで^^!

広告

卒業

3月10日、娘の卒業式でした、

ついこの間高校に入学したと思ったら、もう卒業です。

今は、車の教習所にも通っています。

娘が車の運転?^^;

少々ぶつかっても、びくともしないような頑丈な車を買ってやろうかな?

と思っています。

卒業といえば、ボクは中学校の卒業式が一番印象に残っています。

制服のボタンが、3個無くなりました…..

う、う、う、う、うそじゃないかんなあ^^!!

でも、ボクが想いをよせていた女の子は、違う男子からボタンをもらっていました。

この時の、なんていうのかなあ?、

切ないような、胸が苦しいような、、文字で表現できない、、、、

なんとなく、こみ上げてくる気持ち、、こうして男の子は大人になっていくんですね^^

そして、卒業といえば、この映画ですよね^^

この映画、ボクが始めて観たのは高校の時でした。

田舎のローカル映画館でのリバイバル上映、

友達と、「卒業」ってタイトルからして、むふふ(*^^*)な映画なんじゃあ!!

なんてノリで観に行ったのです ← 典型的な絵に描いたような男子高校生ですなw

が^^;、達成感の無いまま(男の子にしかわかりませんw)ストーリーは進み、、、、、

でも、ラストシーンで、一気に邪念は吹っ飛び!

観終わった後、「感動したよな!」っと、映画の内容について友達と語り合った記憶があります。

いい映画でした^^

この映画は、テーマソング「サウンド オブ サイレンス」も有名になりましたよね、

この曲、もともとアルバムに収録されたバージョンは、この動画のようにアコースティックギターのみの伴奏で、とっても地味な感じのアレンジでした。

それを、レコード会社の方で、エレキギターとかドラムを加えてロックバージョンにしてしまったという経緯があるそうです。

ポールサイモンとしては不本意だったようですが、これがビッグヒット!

自分もコンポーザーのはしくれですから、ポールサイモンの複雑な心境はなんとなく理解できます。

結果としては、それでビッグアーティストの仲間入りが出来たのですから、よかったのかなあ?

して、この映画は他にも名曲がいっぱいですよね、

「スカボローフェア」に、「四月になれば彼女は」、と、この2曲は歌詞が印象的なんですよね、

スカボローフェアの、♪パセリ、セージ、ローズマリー、アンド、タイム♪、この部分^^

昔聞いていた時は、何かの暗号か?なんて思っていたんですが、ハーブの名前だったんですねw

ボクの耳にはですね、パスリセージローズ、メーリー エン ターイと聴こえるわけです(笑

四月になれば彼女はに関して言えば、蝶の幼虫からさなぎになり、やがて羽ばたいてくって感じでしょうか?

マザーグースの絵本がベースになってるんですよね^^

 

サイモント&ガーファンクル好きだったので、盛り上がっちゃいましたがw

最後に、一日でも早く、日本中に笑顔が戻りますように!

またいつか…

今回の地震で、とある音楽サイトでお知り合いになった方の訃報を知った。

残念だった。

これまでも、身近な人、親しい人との別れは経験している。

訃報を聞きながら、読みながら、故人の顔や声、雰囲気が頭の中に浮かぶ、

そして、涙がこみ上げてくる。

それは、突然の事故であっても、覚悟したことであっても、

しかし、今回は不思議な感覚だった。

その方の顔も、声もボクは知らない、外で偶然すれ違っても気が付かないだろう。

ボクが知っているのは、メールをやり取りしたテキストでの気さくな物言いと、

楽器の音色だけ、

現実なのか?、というのが正直な気持ちだったし、いまだに実感が無い。

メールを送れば、返信が来るような気さえする。

なぜか、涙も出てこない。

自分の感覚がおかしいのか?

訃報をもらってから、いろいろ考えるが、今はこう解釈するしかない、

こちらと、連絡の取れないところに行ったんですよね

いずれ、ボクも行きますよ、いつ頃とは約束できませんけど、

ボクが行って、運よく逢えたら、また遊んでください、

こっちでは、一曲しかできなかったけど、

今度は、ネット経由なんて、まどろっこしい方法じゃなくて、

リアルにセッションしましょうねえ、

…………

そしてボクは、そろそろ脳天気なスターライトに戻らなくては、、

こんな、しんみりした記事は、性にあわねえ…

なにも出来なかった!

いつもの午後だった、

実験棟でPCの画面を見ながら、何か違和感を感じる…

地震か?

自宅に子供が一人でいるはずだ、

直ぐに電話した

息子が出た、

「今一人か?」

「うん」

「地震だから気をつけろ!、火を使うなよ!」

たわいもない話をしているうちに、揺れが強くなる、、

???

揺れが止まる気配が無い、

どころか、どんどん強くなる、机につかまらないと立っていられない、、

揺れが尋常ではなくなる、周囲の機材棚が倒れる、、

頭の中で警笛が鳴った、

「ダメだ、逃げろ!」

息子に叫んだ、

「分かった!」

電話を切ると、避難指示の社内放送が流れた、

外へ出ようと思うけど、真っ直ぐ歩けない、、

結局、外に出れたのは揺れがおさまってから、

外に出ると、意外なほど、周囲は落ち着いていた。

けど、自分は家族が気になってしかたない、

電話やメール、、一切つながらないのだ、

なんで、こういう時にかぎって、全員が別の場所にいるんだよ!

すごい揺れだった、生まれて初めての経験だった、

電車も動く気配は無く、家まで歩いた、

家に帰ると、大きな被害も無く一安心した、

しかし、ニュースを見ると想像を超えた光景が、

棚が倒れた、電話がつながらない、電車が止まったなんて事でアタフタしていた自分が滑稽に思えた、

被災地に住む人の恐怖や不安は、とても想像できない、

ああいう時は、いつもの午後、いつもの朝、いつもの夜、いつもの昼に来る、

だから怖い!、

当たり前のように繰り返している、いつもの時にくるから、

今の直後地震がくるかも?

なんて、だれも考えながら生活していない、

だからなにも出来ない、

家族と離れていれば、心配することしかできなかった。

だから、これから出来る事をやる!

 

東北地方太平洋沖地震のために、わたしたちにできることまとめ

TAXI DRIVERと、JAZZと、……

ここ数日、寒さが戻ってきちゃいましたかねえ^^;

神経痛持ちの中高年にはつらいなあ!!

毎週土曜日の朝に、このブログを更新するのが習慣になりつつありますが、最近、やっとこのWord Pressに慣れてきたかな?

もともと、Windows Liveというサービスの一つだったんですが、いつの間にかサービスが修了になって、自働的にWordPressにお引越しとなったのです。

Japanサイトとちょっと勝手が違って、戸惑いましたが^^、デザインもスタイリッシュだし、広告も入らないし気に入ってます。

ちなみに、最近までコメント入力にメルアド記入が必須になっていたみたい^^;、皆様ゴメンナサイ…この辺りが、日本との文化の違いですかね?

話変わって、先日、ボクの曲を、宝塚fly me to the moonというインターネットラジオの

BGMで使っていただきました。

過去にも、BGMで使わせてくれ!というのはちょこちょこあったのですが、実際に使われているのを聴いたのは初めてかなあ?、どういうこっちゃ^^;

まあ、インターネットで公開している以上、簡単にDLも出来ちゃうし、どこでどう使われているかわからないですよね、

今回の担当の方からは、とても丁寧に問い合わせをいただきました^^。

そしてやっと本題^^;、一週間ぶりだとね、

最近、ホームページもちょっとマイナーリニューアルしたんですが、トップページに載せる曲、順繰りに変えようと思っているのですが、なんとなくTAXI DRIVERという曲を載せちゃいます。

自分的にこの曲は、自分のイメージにぴったり…笑うな^^!

でも、starlight=TAXI DRIVERという感覚が自分にあります。

で、この曲のモチーフはもちろん!、映画「タクシードライバー」です!

初めて観たのは、中学生の時でしたかねえ?

中学生には、ちょっと過激な映画でしたが、現在に至るまで何度も観ました。

最初観たときは、なんとなくアクションシーンがカッコイイなんて感じだったのですが、

大人になるにつれて、物語の深さ、特にアメリカの病んだ部分とか、そんな社会構図を考えながら観るようになりました。

この頃の映画って、今はビッグな俳優さんがチョイ役で出てたり、そんなのを発見するのも楽しいですね、

この映画のもう一つの魅力が、良質のJazzです。

イエローキャブのバックシートで、夜のNYを流しているような、、ウィンドーには色んなネオンが反射して、ってイメージですかね?

こんなバンドで、アドリブ弾きまくってみたいですねえ……オケ作るかな?

なんて、動機が不純なんだね^^;