吹いてゆく風と、セッションしていた頃…

最近、暖かい日がすこしづつ多くなってきました!

見てください、この青空!、まさにスカイブルーですねえ^^!

P1000737

この青空は、子供の頃と一緒ですね!自然に感謝です^^!

こんな空を見ていると、子供の頃の事を思い出します。

このギター、中学生の時に父親が買ってきたギターです。

P10005072

もう30うん年も前ですが、いまだに現役バリバリのギターです。

2万円ほどだったと思います。

当時の2万円と、今の2万円を比較できませんが、

改めて見ると、いい木を使ってるのがわかります。

30年以上もコンディションを保っている理由がわかります。

P1000510

いまどき、2万円では、中古ならともかく使い捨てみたいな個体しか買えませんが、

いい時代だったんですかねえ?

父親は、ウクレレを弾くのですが、ギターも弾けるんだぞ!と

当時50代、仕事もそこそこ安定していて、いろんな事に手を伸ばしたくなる年代なんでしょうか^^

ふ~~ん、TVジョッキーでくれるのとは、色が違うね!

なんて思いながら、父親が楽しそうに遊んでいるのを横から見ていました、

当時は分かりませんでしたが、今思えば、その腕前で弾ける!

と言ってしまうあんたはスゴイ!

やはり一家の主の貫禄か!

やがて、父親からこのギターをかっさらい、のめり込むわけですが、

ここでの、母親の存在が大きいのです。

母親は看護婦で、勤務の関係上、家にいない事が多く、父親はサラリーマン、典型的な共働き家庭、ボクはいつも首に家のカギを下げていました。

寂しい思いもしました。

そんな事もあるのか、母親は、とにかく子供が興味を持つ事にとても協力的でした。

どんな事でもいいから、人から感心されるような事を一つ持っているといいよ!

という考えの人。

ボクが絵に興味を持つと、直ぐに絵画教室を探してくれたり、

ギターに興味を持つと、さっそくギター教室と、、、いう感じでした。

しかし、そこは田舎^^;、そうそうギター教室なんてあるわけもなく、教則本を買ってくれました。

最初の練習曲は、Amから始まる四季の歌でしたか?

最終的には、その母親にさえ、

ん~~~~~~!!!、いいいいいいかげんにしなさい!!!

と、言われるほどのめり込む事になったのですが^^;

自分でも、よく飽きずに弾いていたなあ?、と思います。

ボクの故郷は、冬の空っ風が有名なところで、冬は毎日のようにすごい風が吹くのです。

部屋の外では、いつもヒューという音が聞こえていました。

その風と無意識にセッションしていたあの頃、、

少年は何を夢みていたのだろう?

忘れちゃったなあ!

ぜんぜん関係ないんですが^^;

今日のブログを書くきっかけの動画ですw

ブログ上で再生できないのが残念ですけどね^^

 

なんか遠い日の思い出が浮かんできません、、、よね(笑

追加^^

こっちもいいなあ、映像はゲームですね、子供がよくやっていました^^

プレイヤーでありたい!

な~~んて^^、カッコつけて始まりましたが、

先日久し振りに、曲を作ってギターを録音してなんてやったんですが、、

やはり、楽しいですねえ^^

この間新しくしたオーディオI/F、、

昔の録音と比べてみると、、いやはや、いい音で録音できます^^

プリアンプがいいんですかねえ?

のんエフェクトでモノラルで録音して、DAW上でエフェクトはリバーブのみ!

マスタートラックでノーマライズして完了!

画面もスッキリシンプルです^^

sonar

生ギターの場合、エフェクトなんかかけなくて済めばベストなので、シンプルに完結できるのが最高ですね、やはり、録音状態ですべて決まるって感じかな?

もう少し使い方を研究すれば、更によくなるんじゃないかと思います^^

で、録音の際に、昔のファイルを整理していたら、打ち込みというのに1年近くご無沙汰していた事に気づきました。

以前、田舎の友達にオリジナル曲を聴かせた事がありました。

もちろん、ボクがギター小僧だという事は知っているんですが、聴いた最初の感想が、キーボードも弾けるのか?でした。

いやいや、ギター以外は打ち込みだよ、と言うと、

な~~んだ、パソコンが演奏しているのか~と、

最近のパソコンはすごいなあ~と、

まあ、、正直、嬉しかったですねえ^^

彼は、ボクが言わなければ、生演奏だと疑わなかったんですね、、

この打ち込みという手法、とかく誤解されやすいですね、

彼は、パソコンが演奏しているのだから、、、たぶん誰にでも出来るという感覚で、

な~~んだ、と言ったんだと思いますが、確かにそういう部分は否定できません。

でも、そうじゃあ無い、、

もちろん、鍵盤が達者であれば、MIDIキーボードからリアルタイムに打ち込めばいいわけですから、問題無いわけですが、、

ボクのように、バイエルの右手の練習で挫折した人や(関係ねえか^^;)

いろんな事情で楽器演奏ができない方、

そういう事情は無くても、素晴らしいツールだと思うんですね、

例えば、譜面を見ながらその通りに打ち込んだとしましょう、

再生します、間違いなく、音楽とは言い難い、無機質な機械音が聴こえてくるでしょう!

逆に、ピアノ奏者が譜面を見ながら、MIDIキーボードで演奏したデータを五線譜に変換してみます。

もともとの譜面とは、似ても似つかぬ物になるはずです。

そういう事なのです。

打ち込みというのは、演奏表現の一つです。

楽器奏者が、譜面を見ながら自分の感性で演奏するのとなんら変わりはないのです。

パソコンは、制作者の感性が詰まったデータを、忠実に処理しているだけなのです。

パソコンが演奏しているんではないんです。

お~い!、友よ!、読んでるか?^^

そういうことなんだよ!、ふん(笑

そういった意味で、音楽に関して、ボクはプレイヤーでありたい!

と思うわけですね、。。。。。ん~~カッコイイ^^!

しかし、やりたい事、欲しいものいっぱいあるなあ^^

やはりギターは上手くなりたいし!

打ち込みのスキルも向上させたいし!

歌も歌いたいし!

少しは、鍵盤も弾けるようになりたいし!

音楽理論も強くなりたいし!

健康も欲しいし!

そして、恋もしたいし!(*^^*)

ホームタウンにねこバスが走ったら

ボクのホームタウンを走るモノレール

通勤にも利用しているのですが、通勤の時は、景色なんかあまり見ないですけど、改めて見ると空中散歩という言葉がぴったりですね^^

何年か前に、このモノレールを!!トトロに出てくるねこバスにしよう!!という署名が駅に置いてあった事がありましたが、叶わなかったのかな?

まちがっても、潤っているとは思えない路線^^;、

このモノレールのが走る、路線にはジブリ作品の舞台になったところもあるし、

いいきっかけになると思うんだけどなあ、

どうせなら、シートもふかふかにして音楽も流してね^^

通勤が楽しくなりそう、でも仕事したくなくなっちゃうか?(笑

記憶の中の音楽、音楽の中の記憶

 

忘れられない曲って??、

まあ、、、なんていうか、、たっくさんあるわけですが、、

ボクが、なんとなく思い浮かべるのがこの曲です。

この曲、結婚式の最後に、新郎の挨拶というのがありまして、

本日は、お忙しい中、、、、っていう時のBGMにしたのです^^

その当時バンドもやっていましたから、ステージに立つのにあまり抵抗は無かったので、余裕だと思っていたのですが、^^;

ところがどっこい!ステージの上でギターを弾くのとは大違いw

めっちゃくちゃ緊張して、なおかつBGMのギターが泣くと、涙がブホ!っとあふれてくるわけです。

隣で、奥様が笑をこらえている気配も感じるし、結局、予定していた半分もしゃべれなかったような感じでした。w

こんなにテンパったのは、はじめてだったかもしれません。

今になってみれば、よい思い出ですがw

次は、この曲^^

個人的には、Air Supplyって、そんなに思い入れは無いのですが、、

高校時代、仲の良かった友達っていっても同じ学校の友達はいなかったので、^^;

バンドのメンバーなんですが、女の子にふられた時は、みんなでこの曲を聴くという決まりにしていました。

ショートホープ吸いながら、みんな黙って、、何度も聴いたなあ^^;

何度目かに、学校さぼって近くの神社で集まっていた時に、

おまわりさんに見つかってこっぴどく叱られました。

おまわりさんが、「ちゃんと学校に戻ったか確認するからな!」と、

「戻ってなかったら、タバコの事を報告するからな!」と、

そ、そんなあ^^;

ボクの通っていた高校は、悪さすると頭を坊主にしないといけないのです^^

停学より、そっちが問題でした。

今でさえ、ファッションとして通用しますが、

当時、野球部でもないかぎり、ありえません(涙

教室に先生が入ってくる度に、ドックン!、ドックン!

頭の中では、Air Supplyがループ状態で、、

もう一つの問題が、ボクの母方の伯父さんは、当時、某警察署の署長だったのです。

こ、こ、これがバレたら^^;

こ、こ、殺されるって、大袈裟ですが、めっちゃくちゃ怖い伯父さんでした(恐

心臓が凍るような思いもしましたがって、ほんと小度胸だったんです^^;

幸い、何事もなく事態は収束し、、^^

いろいろありましたが、もし戻れるとしたらこの時代に戻りたいです!

ほんと楽しかった!!

 

で、思い起こすと、鮮明に記憶に残ってる出来事には、必ず音楽がセットになっている気がします。

逆に、音楽を聴いて思い出す事もあるし、、

音楽って、素晴らしいですね^^