映画のシーンに想う…

今日は、映画の話題です。

YahooのGyaO!という動画サイトがあります。

種類が限られているものの、映画、音楽、ドラマ、バラエティーなんかがが観れるサイトです。

ボクは、休日前の夜とか、なんとなく夜寝付きが悪い時など、

PCのモニター出力をテレビに接続して、フトンにゴロンとしながら映画や海外ドラマを楽しんでいます。

今、このGyaoで、映画:ニューシネマパラダイスを配信しています。

もう、、何度観たことか^^、心温まるいいストーリーがとても好きなんですが、

なんと言っても、モリコーネさんの音楽がたまらないわけです!

自分にとっては、CDをリピート再生するように、好きな音楽を映像付きで楽しむイメージなんですが、

先日、再びこのニューシネマパラダイスを観ておりました。

すると、途中から何か違和感….

何度も観たので、ほとんどのシーンは鮮明に覚えているわけですが、、

あれ?、話をすっ飛ばしてねえか?

勘違いか?、なんて半信半疑で観ていると、、やはり!、

エピソードが一つカットされてるうう!

それも、ボクが大好きなエピソード(涙

詳細は、ネタバレになりますから、あれなんですが、

勘違いしたまま離れ離れになった恋人が、30年後に再会するシーン、

この時のね^^、

年齢を重ねた今の姿を見られることを拒む彼女、でも彼に会いたい!

彼女が歳をとってなんてこと関係ねえ、彼女が愛おしくてたまらない主人公、

この時の二人の再会、そして会話シーンがねえ、、、

もう^^、、今の年齢だからよけいこのシーンが沁みる!

人を愛するっていうか、好きになるって、こういうもんだよな!

なんて思いながら何度もこのシーンを観たんですが、、

….ないんですよ^^;

昔、テレビの洋画劇場とかで放送されていた映画は、2時間枠に収めるために、

ほとんどストーリーに直接影響が無い部分をカットしていたと思うんですが、

それとこれとはねえ^^

音楽に置き換えてみると、CDに収まらないからCメロカットしましたみたいな感じ?

一応、アタクシも音楽制作しますが、その作る側の立場からしたら、ありえない気がします!

映画を作った側からしたら、無駄なシーンなんて、ひとコマもないんじゃあ?

って思いますけどね!

無料とはいえ、、、、ショック^^!な出来事でありました。

でも大好きな映画です~~~!

動画もたくさんアップされていて迷うんですが、ボクが好きなやつを!

 

追伸とお詫び

最近になって、せっかくブログに入れていただいたコメントがスパム扱いされてしまう現象が起きています。
ほんとのスパムコメントも多いのは事実なんですが、設定等を確認するも、今のところ原因が分かっておりません。
ゆえに、レスが前後してしまったりという事があって申し訳ありません!
コメントを入れた時に、通常は承認待ちというアナウンスがあると思うのですが、何もアナウンスされない場合、スパム判定されていると思われます。
そんな場合でも、必ずコメントはチェックしますので!
よろしくお願いします!

starlight

ZOOM Q3 HD お試し!~~

皆様、いかがお過ごしでしょうか^^

わたくしはですね、またオモチャを購入してしまいました。

で、でも、ボクはギャンブルとか一切やらないし、、

最近は外でお酒も飲まないし、、

いいんです(^^

で、これです~~!

IMG_0596

ZOOM のハンデービデオレコーダー!

小っちゃいっすよ、軽いっすよ!

一応、高画質、高音質で撮れるってことと、比較的に値段も手ごろだったのでこれにしました。

オリンパスのLS-20Mと比較したんですが、このLS-20Mはモニターとカメラの位置がちょとねえ、モニターを正面から見ると、カメラが真上に向いちゃいます。

せっかくなので、フィールド撮影もしたいですから、この位置関係はちょといただけませんでした。

得意のアマゾンさんですがww、通販は安いですね、ACアダプアターやケースとか三脚がセットになってるアクセサリーキットを一緒に買っても、店頭の単体販売より2000円くらい安いです。

んで!^^、試撮りがしたくて、、朝から急遽、曲を覚えて撮ってみました、ちょとパジャマ姿ですがwww

でも自分の姿はいやですね^^;、イモムシみたいな指がモゾモゾと(爆

でですね、撮りかたは超簡単なんですが、動画の編集がねえ、せめて最初と最後のいらない部分をカットしたかったんですが、、わ~か~らな~~い^^;

最後の部分トチっちゃんたんですがwww、ああ~~なんてつぶやきが(爆

まあ、お試しという事で^^

ひたすらJazzに浸る…

と^^;

いつもながら、カッコ付けたがりタイトルですが、、

Jazzの魅力の一つに、リハーモナイズというものがあります。

リハモなんて言ったりもしますが、

いわゆるオリジナルのコードをいろいろとこねくり回して、

ちょと違った響きにするんですが、

中には、作曲者に無礼だ!なんて方もいますが、それはそれで,,

実際の演奏の場面では、お作法があるような無いようなものであります。

あたくしも、きちんと理解は出来ていないものの、

このリハモというのが大好きでありまして、、

カバー曲なんかは、オリジナルのコード進行はほとんど無視でアレンジしたりします。

ガッ!、自分では無視してるつもりでも、理屈をよく理解してる人が聴けば、

ここはこういうアプローチなのね、フムフムなんて、、おそらく説明出来てしまうんだと思います。(この辺りが、情けない^^;)

リハモのベースとなっているのが、代理コードなのかなあ?

代理コードというのを聞いた事あるでしょうか?

例えば、Jazzの代表的な逆循環コード進行、Ⅱm7ーⅤ7ーⅠーⅥ7

ハ長調でいうと、Dm7 ーG7ーCM7ーA7 で、これを繰り返しているだけで、それっぽく聴こえたりするんですが、

この中でDm7 ーG7ーCM7この部分は、終止形とかカデンツとか、ケーデンスとかいろいろ言いますが、コード進行の基本中の基本であります。

それぞれ、Dm7(サブドミンナト)-G7(ドミナントセブンス)-CM7(トニック)なんて名前が付いています。

して、このDm7を、もっとオーソドックスに考えると、もともとはF(Ⅳメジャー)で、F(サブドミンナト)-G7(ドミナントセブンス)-CM7(トニック)というコード進行として考えられます。

このFとDm7が代理コードの関係なんですね、もちろん他にもいろいろ組み合わせはあるんですが、いわゆる、Dm7(レファラド)の並び方を変えるとF6(ファラドレ)となるので、同じ性質のコードとして使えるわけです。

そして、このDm7 ーG7ーCM7ーA7進行をもっとJazzっぽくすると、9thを使ったりG7とA7に裏コードを使ったりして、

Dm9ーD♭7ーCM9ーE♭7とか、

このG7とD♭7とかこの関係を覚えとくとけっこう使えますねえ、いわゆるトニックに解決したい!って感じの響きが薄まって、野暮ったさが無くなります。

あと、G7を分数コードにして、F/Gにして、最後にCMに解決するところに、Am9(CMの代理コード)をもってきたりして、

Dm9ーF/GーAm9ーE♭7#9とか、

上にも書きましたが、ドミナント7thの響きを薄めるのがポイントかなあ?

ともかく、いろいろこねくり回していると、とても楽しいわけです^^、

実際に、ジョンスコさんとかメセニーさんとかのリハモを聴くと、いったいどうゆう発想で、そういうボイッシングが出てくるの!って言いたくなりますが、、

凡人には理解できないんでしょうね^^;

自分の場合、手癖であるとか耳に覚えているとかで、感覚的にやる事が多くて、上に書いたのも、響きよければいいじゃん!的なものです!
それでも楽しいのですが、やはりもちっとボキャを増やしたいっすよね^^

で、買っちゃいました(笑、、前置き長すぎ~~^^

英語の本ですが、音楽関係の本は不思議とあまり困らないんですよね(笑

Pass先生のリハーモナイズは、あまり奇をてらったところが無くて、

考えれば、ああナルヘソ!っていうのが多いです。

だから、ベーシックな部分のボキャアップには最適だ!ってよく言われます。

前から欲しかったのですが、楽器屋さんとか本屋さんには全然無くて、、

しか~~し!灯台下暗し^^;、ボクの味方アマゾンさんがあるじゃないか!

検索したら一発ヒットです!、

この類の本としては、安いのも魅力ですね!

早く来ないかなあ!!

という事で、今日は、Pass先生の演奏を!

Passさんの場合、メロディを知ってる曲なら、その場でこんな風に弾けるそうです。

自分のアルバムに”Virtuoso”と付けても、誰もが納得してしまう貫禄!

まさに、Great jazzman!!であります!

ビンテージという錯覚

先日、Twitterでもつぶやきましたが、
マイルームのおもちゃ箱を整理していたら、古いエフェクターがゴロゴロ出てきました。

20120206-121305.jpg

若かりし頃、ライブでさんざん使ったものです。
30年近く眠っていたものですが、電源を入れると目立ったガリも無く、りっぱに音が出ました。
流石!BOSSです。
未だに変わらない、このムダの無いデザインと耐久性は芸術的ですね、
懐かしい!という感覚的な効果も手伝って、なんともイイ音がします。

何年か前に、横浜の楽器フェアで上の黄色いやつとか青いやつが中古で販売されていました。
中古ですから、程度によって価格が異なるのですが、黄色いのが、3~4万円、青いのが、2~3万円..
で、製作年の古い方が高い..
ボクが買ったのは高校生の頃でした。
店頭販売価格で、黄色いのが8千円、青いのが1万円くらいだったと思います。
高校生にとってはかなり高額でしたが、LPレコードを我慢したりして手に入れたものでした。
で、その販売価格にビックリして、何故こんなに高額なのかイベントの店員に訊いてみると、
いわゆるプレミア価格との事、その時の若い店員の、「そんな事も知らないのか」的な表情と物言いに、
「この若造が知った風な口聞きやがって!」と、若干カチンと来たのを覚えています。
高校生の頃、友達もみんな持っていたし、ってか高校生がどうにか小遣いで買えるようなのは他になかった。
そんな珍しくもないエフェクターに法外なプレミアが付いてるなんて!!
全く知らなかったのは事実でありますが…きにくわねえガキだ!^^;

確かに、イイ音しますし、もちろん今でも普通に使えます。
ただし、最近の製品と比較して、それだけの値段の価値があるのか?
はなはだ疑問を感じるのも正直なところであります。
今の技術で、同等(あくまで同等)のレプリカが造れないわけは無く、、、
ライブ等の演奏がメインの活動をしているミュージシャンが、白紙の状態からエフェクターを選ぶとして、
積極的に、プレミアの付いた黄色いのとか選ばないと思います。
プレミア価格も頭打ちのような気もしますが、恐らく、演奏をしないコレクターの手で音を出す事無く
保管される運命をたどる固体が多いように思います。
楽器は、音を出してなんぼのものなんですけどねえ、

一方、あーだこーだ言っていながら、
自分が持っているものに、そんなプレミアが付いてるという事に、
正直、悪い気はしないですよね^^、
なんとなく、誇らしいというか(笑

この人間の心理が、ビンテージ楽器の値段をどんどん吊り上げるんだろうなあ?