プレイヤーでありたい!

な~~んて^^、カッコつけて始まりましたが、

先日久し振りに、曲を作ってギターを録音してなんてやったんですが、、

やはり、楽しいですねえ^^

この間新しくしたオーディオI/F、、

昔の録音と比べてみると、、いやはや、いい音で録音できます^^

プリアンプがいいんですかねえ?

のんエフェクトでモノラルで録音して、DAW上でエフェクトはリバーブのみ!

マスタートラックでノーマライズして完了!

画面もスッキリシンプルです^^

sonar

生ギターの場合、エフェクトなんかかけなくて済めばベストなので、シンプルに完結できるのが最高ですね、やはり、録音状態ですべて決まるって感じかな?

もう少し使い方を研究すれば、更によくなるんじゃないかと思います^^

で、録音の際に、昔のファイルを整理していたら、打ち込みというのに1年近くご無沙汰していた事に気づきました。

以前、田舎の友達にオリジナル曲を聴かせた事がありました。

もちろん、ボクがギター小僧だという事は知っているんですが、聴いた最初の感想が、キーボードも弾けるのか?でした。

いやいや、ギター以外は打ち込みだよ、と言うと、

な~~んだ、パソコンが演奏しているのか~と、

最近のパソコンはすごいなあ~と、

まあ、、正直、嬉しかったですねえ^^

彼は、ボクが言わなければ、生演奏だと疑わなかったんですね、、

この打ち込みという手法、とかく誤解されやすいですね、

彼は、パソコンが演奏しているのだから、、、たぶん誰にでも出来るという感覚で、

な~~んだ、と言ったんだと思いますが、確かにそういう部分は否定できません。

でも、そうじゃあ無い、、

もちろん、鍵盤が達者であれば、MIDIキーボードからリアルタイムに打ち込めばいいわけですから、問題無いわけですが、、

ボクのように、バイエルの右手の練習で挫折した人や(関係ねえか^^;)

いろんな事情で楽器演奏ができない方、

そういう事情は無くても、素晴らしいツールだと思うんですね、

例えば、譜面を見ながらその通りに打ち込んだとしましょう、

再生します、間違いなく、音楽とは言い難い、無機質な機械音が聴こえてくるでしょう!

逆に、ピアノ奏者が譜面を見ながら、MIDIキーボードで演奏したデータを五線譜に変換してみます。

もともとの譜面とは、似ても似つかぬ物になるはずです。

そういう事なのです。

打ち込みというのは、演奏表現の一つです。

楽器奏者が、譜面を見ながら自分の感性で演奏するのとなんら変わりはないのです。

パソコンは、制作者の感性が詰まったデータを、忠実に処理しているだけなのです。

パソコンが演奏しているんではないんです。

お~い!、友よ!、読んでるか?^^

そういうことなんだよ!、ふん(笑

そういった意味で、音楽に関して、ボクはプレイヤーでありたい!

と思うわけですね、。。。。。ん~~カッコイイ^^!

しかし、やりたい事、欲しいものいっぱいあるなあ^^

やはりギターは上手くなりたいし!

打ち込みのスキルも向上させたいし!

歌も歌いたいし!

少しは、鍵盤も弾けるようになりたいし!

音楽理論も強くなりたいし!

健康も欲しいし!

そして、恋もしたいし!(*^^*)

広告