吹いてゆく風と、セッションしていた頃…

最近、暖かい日がすこしづつ多くなってきました!

見てください、この青空!、まさにスカイブルーですねえ^^!

P1000737

この青空は、子供の頃と一緒ですね!自然に感謝です^^!

こんな空を見ていると、子供の頃の事を思い出します。

このギター、中学生の時に父親が買ってきたギターです。

P10005072

もう30うん年も前ですが、いまだに現役バリバリのギターです。

2万円ほどだったと思います。

当時の2万円と、今の2万円を比較できませんが、

改めて見ると、いい木を使ってるのがわかります。

30年以上もコンディションを保っている理由がわかります。

P1000510

いまどき、2万円では、中古ならともかく使い捨てみたいな個体しか買えませんが、

いい時代だったんですかねえ?

父親は、ウクレレを弾くのですが、ギターも弾けるんだぞ!と

当時50代、仕事もそこそこ安定していて、いろんな事に手を伸ばしたくなる年代なんでしょうか^^

ふ~~ん、TVジョッキーでくれるのとは、色が違うね!

なんて思いながら、父親が楽しそうに遊んでいるのを横から見ていました、

当時は分かりませんでしたが、今思えば、その腕前で弾ける!

と言ってしまうあんたはスゴイ!

やはり一家の主の貫禄か!

やがて、父親からこのギターをかっさらい、のめり込むわけですが、

ここでの、母親の存在が大きいのです。

母親は看護婦で、勤務の関係上、家にいない事が多く、父親はサラリーマン、典型的な共働き家庭、ボクはいつも首に家のカギを下げていました。

寂しい思いもしました。

そんな事もあるのか、母親は、とにかく子供が興味を持つ事にとても協力的でした。

どんな事でもいいから、人から感心されるような事を一つ持っているといいよ!

という考えの人。

ボクが絵に興味を持つと、直ぐに絵画教室を探してくれたり、

ギターに興味を持つと、さっそくギター教室と、、、いう感じでした。

しかし、そこは田舎^^;、そうそうギター教室なんてあるわけもなく、教則本を買ってくれました。

最初の練習曲は、Amから始まる四季の歌でしたか?

最終的には、その母親にさえ、

ん~~~~~~!!!、いいいいいいかげんにしなさい!!!

と、言われるほどのめり込む事になったのですが^^;

自分でも、よく飽きずに弾いていたなあ?、と思います。

ボクの故郷は、冬の空っ風が有名なところで、冬は毎日のようにすごい風が吹くのです。

部屋の外では、いつもヒューという音が聞こえていました。

その風と無意識にセッションしていたあの頃、、

少年は何を夢みていたのだろう?

忘れちゃったなあ!

ぜんぜん関係ないんですが^^;

今日のブログを書くきっかけの動画ですw

ブログ上で再生できないのが残念ですけどね^^

 

なんか遠い日の思い出が浮かんできません、、、よね(笑

追加^^

こっちもいいなあ、映像はゲームですね、子供がよくやっていました^^

広告