卒業

3月10日、娘の卒業式でした、

ついこの間高校に入学したと思ったら、もう卒業です。

今は、車の教習所にも通っています。

娘が車の運転?^^;

少々ぶつかっても、びくともしないような頑丈な車を買ってやろうかな?

と思っています。

卒業といえば、ボクは中学校の卒業式が一番印象に残っています。

制服のボタンが、3個無くなりました…..

う、う、う、う、うそじゃないかんなあ^^!!

でも、ボクが想いをよせていた女の子は、違う男子からボタンをもらっていました。

この時の、なんていうのかなあ?、

切ないような、胸が苦しいような、、文字で表現できない、、、、

なんとなく、こみ上げてくる気持ち、、こうして男の子は大人になっていくんですね^^

そして、卒業といえば、この映画ですよね^^

この映画、ボクが始めて観たのは高校の時でした。

田舎のローカル映画館でのリバイバル上映、

友達と、「卒業」ってタイトルからして、むふふ(*^^*)な映画なんじゃあ!!

なんてノリで観に行ったのです ← 典型的な絵に描いたような男子高校生ですなw

が^^;、達成感の無いまま(男の子にしかわかりませんw)ストーリーは進み、、、、、

でも、ラストシーンで、一気に邪念は吹っ飛び!

観終わった後、「感動したよな!」っと、映画の内容について友達と語り合った記憶があります。

いい映画でした^^

この映画は、テーマソング「サウンド オブ サイレンス」も有名になりましたよね、

この曲、もともとアルバムに収録されたバージョンは、この動画のようにアコースティックギターのみの伴奏で、とっても地味な感じのアレンジでした。

それを、レコード会社の方で、エレキギターとかドラムを加えてロックバージョンにしてしまったという経緯があるそうです。

ポールサイモンとしては不本意だったようですが、これがビッグヒット!

自分もコンポーザーのはしくれですから、ポールサイモンの複雑な心境はなんとなく理解できます。

結果としては、それでビッグアーティストの仲間入りが出来たのですから、よかったのかなあ?

して、この映画は他にも名曲がいっぱいですよね、

「スカボローフェア」に、「四月になれば彼女は」、と、この2曲は歌詞が印象的なんですよね、

スカボローフェアの、♪パセリ、セージ、ローズマリー、アンド、タイム♪、この部分^^

昔聞いていた時は、何かの暗号か?なんて思っていたんですが、ハーブの名前だったんですねw

ボクの耳にはですね、パスリセージローズ、メーリー エン ターイと聴こえるわけです(笑

四月になれば彼女はに関して言えば、蝶の幼虫からさなぎになり、やがて羽ばたいてくって感じでしょうか?

マザーグースの絵本がベースになってるんですよね^^

 

サイモント&ガーファンクル好きだったので、盛り上がっちゃいましたがw

最後に、一日でも早く、日本中に笑顔が戻りますように!

広告