感情と景色と言葉と、その向こうにあるもの

今日は、作詞という事について考えてみたいと思います。

過去に何度チャレンジしたことか…

2~3行書くと、、うう、くせ~~^^;、やだ~~^^;、だせ~~^^;

って感じですぐに諦めちゃいます。

ボク自身、ショートストーリーみたいなのを考えるのは大好きなんですが、

歌詞って、違うんですよね、

ショートストーリーを考える時、ケースバイケースですが、

具体的な情景描写はせず、登場人物の会話とかを中心にして、、

ああ、この二人は危険な関係なわけね^^;、とか、

読んだ人の経験とか感覚で、その情景を思い浮かべてもらうようにします。

で、ショートストーリーの場合、字数に制限はありませんし、

好きなように展開できるので、良し悪しはともかく、言葉は浮かんできます。

ボクが自分自身ですごく気に入ってるショートストーリーがこれ、

♪黄昏の街が彼女の瞳に映ったら♪

 黄昏にはJazzが似合う… それは、彼女の口癖で…
 黄昏の街を見下ろせる、いつものレストランで必ず聞ける彼女のセリフだ…
 ボクは、何度となくそのセリフを聞いた…
 けどなぜか、彼女のグレーがかった瞳に黄昏の街が映ると、
 そのセリフを期待してしまう….

曲はこれ、音源のクオリティはいまいちなので、いつかリメイクしたいと思いつつ、
体が動きません^^;
なんつうか、特に、MIDIをポツポツ…、めんどくせえです。

読む人によって、浮かべる情景は様々だと思いますが、

自分の中では、かなり具体的なイメージがあります。

お客の少ない時間帯、黄昏時ですね、

クールなインテリアで統一されたレストラン、、

窓際のテーブル、

彼女は、さっぱりした性格、髪は黒に近いブラウンでほぼストレート(*^^*)

鳶色に、ちょっとグレーがかった瞳(*^^*)

仕事を持っていて、服装はスーツ姿、カッコイイっていうイメージ(*^^*)

持ち物は、ブランドより機能性重視、、

仕事では、ステッドラーの2Bで文字を書く、

でも、彼に時々甘える時は、子供みたいになる←とってもかわゆいの(*^^*)

一方彼は、無口、だけど彼女の話にはしっかりと耳を傾ける、

一応、ハンサム、すっきりとカットした自然な髪型、整髪料は付けない、

ヘリンボーンのジャケット、もちろんハリスツイード、ビンテージの501、

仕事はジャズピアニスト

ゴホゴホ^^;

んで、じゃあ、こんなイメージの彼女と彼を登場人物に、お洒落な恋愛タッチで歌詞を作ろう!

…最初の言葉すら、全く出てきません^^;

その歌詞にしようというテーマというか、発想も良くないのかもしれませんが、

歌詞となるとねえ、メロディとの絡みとかいろいろ制約が出てきて、全く、言葉が浮かびません、

作詞家の方って、どういう切り口で言葉を紡ぐんですかねえ、

ボクはJ-popとかあまり聴かないのですが、 歌詞が好きで、スキマスイッチとか、BUMP OF CHICKENとかを時々聴きます。

息子からCDを借りたんですけどね^^

特に好きなのが、スキマスイッチのボクノート、、

少年時代、女の子を好きになるとね、胸が苦しくて、食事ものどを通らなかったり、

男の子は絶対に経験あると思います^^

なんでこんな歌詞が書けるんでしょうかねえ、プロだからって問題ではないですよね!

広告