4件のコメント

ひたすらJazzに浸る…

と^^;

いつもながら、カッコ付けたがりタイトルですが、、

Jazzの魅力の一つに、リハーモナイズというものがあります。

リハモなんて言ったりもしますが、

いわゆるオリジナルのコードをいろいろとこねくり回して、

ちょと違った響きにするんですが、

中には、作曲者に無礼だ!なんて方もいますが、それはそれで,,

実際の演奏の場面では、お作法があるような無いようなものであります。

あたくしも、きちんと理解は出来ていないものの、

このリハモというのが大好きでありまして、、

カバー曲なんかは、オリジナルのコード進行はほとんど無視でアレンジしたりします。

ガッ!、自分では無視してるつもりでも、理屈をよく理解してる人が聴けば、

ここはこういうアプローチなのね、フムフムなんて、、おそらく説明出来てしまうんだと思います。(この辺りが、情けない^^;)

リハモのベースとなっているのが、代理コードなのかなあ?

代理コードというのを聞いた事あるでしょうか?

例えば、Jazzの代表的な逆循環コード進行、Ⅱm7ーⅤ7ーⅠーⅥ7

ハ長調でいうと、Dm7 ーG7ーCM7ーA7 で、これを繰り返しているだけで、それっぽく聴こえたりするんですが、

この中でDm7 ーG7ーCM7この部分は、終止形とかカデンツとか、ケーデンスとかいろいろ言いますが、コード進行の基本中の基本であります。

それぞれ、Dm7(サブドミンナト)-G7(ドミナントセブンス)-CM7(トニック)なんて名前が付いています。

して、このDm7を、もっとオーソドックスに考えると、もともとはF(Ⅳメジャー)で、F(サブドミンナト)-G7(ドミナントセブンス)-CM7(トニック)というコード進行として考えられます。

このFとDm7が代理コードの関係なんですね、もちろん他にもいろいろ組み合わせはあるんですが、いわゆる、Dm7(レファラド)の並び方を変えるとF6(ファラドレ)となるので、同じ性質のコードとして使えるわけです。

そして、このDm7 ーG7ーCM7ーA7進行をもっとJazzっぽくすると、9thを使ったりG7とA7に裏コードを使ったりして、

Dm9ーD♭7ーCM9ーE♭7とか、

このG7とD♭7とかこの関係を覚えとくとけっこう使えますねえ、いわゆるトニックに解決したい!って感じの響きが薄まって、野暮ったさが無くなります。

あと、G7を分数コードにして、F/Gにして、最後にCMに解決するところに、Am9(CMの代理コード)をもってきたりして、

Dm9ーF/GーAm9ーE♭7#9とか、

上にも書きましたが、ドミナント7thの響きを薄めるのがポイントかなあ?

ともかく、いろいろこねくり回していると、とても楽しいわけです^^、

実際に、ジョンスコさんとかメセニーさんとかのリハモを聴くと、いったいどうゆう発想で、そういうボイッシングが出てくるの!って言いたくなりますが、、

凡人には理解できないんでしょうね^^;

自分の場合、手癖であるとか耳に覚えているとかで、感覚的にやる事が多くて、上に書いたのも、響きよければいいじゃん!的なものです!
それでも楽しいのですが、やはりもちっとボキャを増やしたいっすよね^^

で、買っちゃいました(笑、、前置き長すぎ~~^^

英語の本ですが、音楽関係の本は不思議とあまり困らないんですよね(笑

Pass先生のリハーモナイズは、あまり奇をてらったところが無くて、

考えれば、ああナルヘソ!っていうのが多いです。

だから、ベーシックな部分のボキャアップには最適だ!ってよく言われます。

前から欲しかったのですが、楽器屋さんとか本屋さんには全然無くて、、

しか~~し!灯台下暗し^^;、ボクの味方アマゾンさんがあるじゃないか!

検索したら一発ヒットです!、

この類の本としては、安いのも魅力ですね!

早く来ないかなあ!!

という事で、今日は、Pass先生の演奏を!

Passさんの場合、メロディを知ってる曲なら、その場でこんな風に弾けるそうです。

自分のアルバムに”Virtuoso”と付けても、誰もが納得してしまう貫禄!

まさに、Great jazzman!!であります!

広告

ひたすらJazzに浸る…」への4件のコメント

  1. さっすがスタさん、詳しいすね〜!
    ジャズコード弾ける人はこれくらい常識なんでしょうね。
    考えただけでも『う”・・・』ってなりますよー。笑

    • ささらさん、こんばんわ!

      詳しく無いっすよ(笑)
      またまた、よく解ってるくせに(^^)/~~~

      最近は、ポップスなんかでも複雑なアレンジが増えて、
      Jazz的アプローチが普通に使われてますよね。
      問題は、こういうアプローチが即興で、
      さっと出て来るといいんですけどねえ、
      ひきだしを増やして慣れるしかないんですが、
      楽しい悩みでありんす(笑)

  2. コードのお話、頭がクラクラしてきました・・・(~_~;)
    ピアノの授業で少し習いましたが、同時に受講するべきだったMusic Theoryの授業を受けていなかったので、もうチンプンカンプンで、いつも教室の後ろのほうで小さくなってました^^;(笑)
    いつか時間ができたら是非受講したいと思っているのですが、それまではstarlight教授に教えていただきたいなぁ^^。
    プライベートレッスンでお願いしますね(^_-)-☆

    • おお!、アイカさん(*^^*)
      ちょうどPCを開いたところで、グットタイミング!
      以心伝心(笑

      上に書いたコードのお話も、たぶん中学校くらいの音楽でやってるはずなんですね、
      リハモなんて事に興味を持ち始めてから、そういえば音楽の授業で似たような事言ってたなあ?なんて^^;、
      属7の和音がどうのとか、、
      ただ、興味もなく、必要に駆られていないと、頭に入らないですよねえ(笑

      え~~!、プライベートレッスン…..いい響きだなあ^^
      ダイジョブでしょうかあ、じゃあボクは別の教科を、アイカさんにプライベートレッスンしてもらおう(*^^*)
      手取り足取り♡ ムフ!

Comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。