8件のコメント

家族の日記..

いろんな事がひと段落したので、日記として書き留めておこうと思う。

我が息子、学校に通いだしたのもつかの間、とうとう、退学してしまった。

現在は、通信制高校に入学し、アルバイトに汗を流している。

親として複雑なのは、現在の息子、学校にいやいや通っていた時と別人のように活き活きして、

よく笑う、そして友達とも遊ぶ、そしてよく話しもする。

いよいよ、ダメだとなって、学生手帳にある届出の書式例にしたがい、退学届を作った、

”一身上の都合”、退学の理由である。

最後まで、本当の理由は分からず、こう書くしかなかったのだが、

担任から説明を聞いたかみさんの話だと、学校に少しでも非があるような理由を書くと受領してもらえないとの事だった。

そんな事はどうでもいいのだが、この担任の先生、

ボクは24時間、365日営業ですから、いつでも構いません、本人がその気になったらボクに電話を下さい。

そして、息子さんと話をさせて下さい。

こんないい先生に恵まれたのに、、と思うが、息子の学校に対する拒絶は大人の想像を超えていた。

先生!、すまん!

退学届をワープロで作り、誤字脱字無いかチェックしてくれ、とかみさんに見せる。

そして、捺印するその時、かみさんの目からは涙がボロボロこぼれていた。

こう決断してよかったね!って思う日が必ず来るよね!

必ず来るよね!

そう繰り返し、ずっと泣いていた。

隣の部屋で、息子も泣いていた。

ああ、今どうしたかより、これからどうするかだよ、ダイジョブ!

息子よ、この母親の涙を一生忘れるな!

広告

家族の日記..」への8件のコメント

  1. スターさん、
    こんにちは^^
    息子さん、色々大変な思いもされたのでしょうけど、
    決断するまでに、考え抜かれたのでしょうね。
    スターさんたち、家族に見守られているから、大丈夫じゃないかな^^

    高校生活を続けるって、3年間とはいえ、
    難しいことですよね。
    うちの娘は、自分が何としても行きたいと行ってやっと入った学校なのに、
    やっぱり色々不満続出です^^;(まだ2か月なのに)
    でも、自分の子どもを信じてあげて、
    もし、やめたいといったとしても、いい加減な気持ちではないだろうと。
    決めたことには責任は持たせますが、
    力は貸してあげたいですよね。

    やっぱり、笑顔は大切です。
    うちの子も、疲れて笑顔が出ない時もありますが、
    なんとか笑わせてみたり、、(あまりやると、能天気と言われますから、状況に合わせますが、、^^;)

    色々と大変ですが、お互い頑張りましょう!

    • ゆきさん!、こんばんは^^

      そうですね、大人からすれば、3年間なんてあっという間、
      特に、30歳頃からは、高速で過ぎていきますね^^;
      息子も、自分でここへ行くと決めた高校なので、最後まで通って欲しかったです。
      でも、通っていた高校がうんぬんというより、学校という場所への不信感が凄くて、
      他の、普通高校への選択肢もあったのですけど、ダメでした。
      人間は、どんな場所、環境にいても不満というのは出てくるものですね、
      それを自分で解決するのも勉強だと思います。
      子供の力を信じるしかないと思っています!

  2. 人はいろんな壁にぶつかりますね。
    ひょいと乗り越えられる壁もあれば、困難な大きな壁も。
    人それぞれあると思います。
    でもその経験は決して無駄ではないと思うし、
    それがあったからこそ、新たな方向性を見つけることだってできると思います。
    通信制から希望の道へ進んでいく人もたくさん見たし、
    いまはいろいろ思う時期かも知れませんが、そう、
    これからのことに希望を持って欲しいですネ。
    何より息子さんが自分らしさを取り戻せたのが一番です!

    • sasaraさん、こんばんは!

      ほんと、そう思います、壁にぶつかる経験は絶対に必要!
      それを、乗り越える毎に人は強くなるんだと思います。
      って、半分、自分に言い聞かせていますがw

      >何より息子さんが自分らしさを取り戻せたのが一番です!
      うん^^、以前まで日課だった、かみさんと息子のケンカも再開しましたし(笑
      なんか、少しずつ元に戻ってきたようなw
      家の中がウルサイ方が落ち着く感じがします!
      家族みんなが元気な証拠っていいますかw
      そして、時間が経つとともに、良かったのかな?って思うようになりました。

  3. いろいろ大変でしたね。
    お気持ちすごく分かります。
    主人の娘も二人、いろいろあって、一旦は高校をやめてしまったことがあったのですが、そういうドロップアウトした人を集めた特殊な学校に通いなおして、最後はちゃんと卒業証書をもらっていました。
    どうしても、学校という組織が合わない子っているんだと思います。
    だから、そういう子たちにとっては学校に行くということが地獄のように感じてしまうんですよね。
    人生の中にはいろんな選択肢があっていいと思うので、まずは息子さんが笑顔でいられる道を選ぶことができて良かったですね^^。
    お父様としてはまだまだ心配なことが多いと思いますが、愛のある家庭があれば、ほとんどのことは乗り越えられると思いますよ(^_-)-☆
    息子さんのこれからの明るい未来をお祈りしています(*^_^*)。

    • アイカさん、こんばんは!
      ありがとうございます!、息子も通信制高校でがんばってます!
      なんか、勉強より部活に熱を入れてるみたいですが(笑
      通信制高校なので、同い年の子から、お父さんみたいな人までw
      いろんな人と触れ合うことで、いろいろ勉強してくれたらいいなあと思います。
      アイカさんも大変だったんですね、でもアイカさんはいつもはつらつとしていて、
      周りの人を元気にしてくれますよね、素敵です!
      はい、心配は尽きませんが、これも人生のスパイスと思って(どこかで聞いたな^^)
      ガンバリます!

  4. 僕は学校が嫌で辞めてしまったのではなく中学の時の出席日数が足りなくてあきらめてしまったのですが、それから通いだした通信制の高校も学校の友達ともめたりアルバイトが忙しくなってドロップアウトして12年後の今、新たな気持ちで学校に通っています。だから、スタさんの息子さんと同じくらいに卒業出来るのかなぁなんてw。とにかく、応援しています。というか、僕も今度は卒業したいです(笑)。

    • ハルさん、こんばんは!

      ハルさんもいろいろ苦労されたんですねf^_^;)、
      ボクは、幸い高校はドロップアウトせずに済みましたw
      どちらかと云うと、その後の方が波乱万丈だったかな?(笑
      かなり、綱渡りでしたがf^_^;)
      出席日数を補填する為に、高校生活での夏休みが全滅だったのは心残りですが、別の時に遊んでいたから仕方ないですけどね(^_−)−☆

      通信制って、束縛されない分、本人のやる気次第って感じで、意外と大変そうだなあ?なんて息子を見てると思います。
      ハルさんもがんばってくださいネ!

      ボクも、臨終の瞬間!楽しい人生だったと思える様に、毎日を大切に過ごします!

Comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。